FC2ブログ
一日一歩
何となく思ったことDiary
プレミアム焼酎
友達が幻のお酒をゲッツしたので鍋をやろうと誘ってきた。

友人3人と俺の狭いアパートに集い、鍋と幻の焼酎を味わった。
その名は「森伊蔵」。幻のというだけあってマジでうまかったぁ。

森伊蔵

今はなかなか手に入らないんだね。
こんなにうまい焼酎は初めてでした。
スポンサーサイト



テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

よく考えよう
最近、自分の将来について考えることが多くなった。

今まで特定のスキルを追求してある分野のスペシャリストになりたいと思っていたけど、ある分野で上を目指すことって並大抵のことではない。

それならば、技術者を上手に使う方にまわるとか、今までの経験と全く関係ない業界で競争相手が少ない市場で争うとか、その道で進んだ方が儲けられるんじゃないかなぁ。

どんなにすごい技術者でもお客がいなければお金を稼げないし、たとえ自分にお客さんがいたとしても一人で稼げる金額には上限が決まっている。

自分にとって仕事の目的って何なんだろう。
自分の好きな仕事をしていくことなのか、お金を稼ぐことなのか、趣味のためか、生活のためだけなのか。

それを考えると、今後身に付けていかなければならないスキルって全く異なったものになって行くかもしれない。

みんな仕事に対する目的をしっかりと持って働いているのかなぁ。よく考えてみよう。

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

うなぎ
三島はうなぎが旨い。

今日の仕事帰り上司にうなぎをご馳走してもらった。前の会社にいたときにはランチにうなぎのひつまぶしをよく食べていたけど、本格的なうなぎ料理を食べるのは今回が初めて。

店名はうなよし。巷ではかなり有名なお店らしい。入店時間が遅かったせいで丼ものしか注文できいというので、今回は上うなどんを注文した。それでも2500円くらいはしたかな。

さすが名店というだけあってマジで旨かった。炭火?で焼いた香ばしさと香りが何とも言えず、ふっくらモチモチ。こんなに旨いうなぎは初めてでした。

この土地にはこれから2ヶ月ほどお世話になるのでこの機会に有名どころをいろいろとまわってみたい。

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

また壊れた
3日前、家のパソコンがぶっ壊れた。

ブログを更新中に突然リブートを繰り返し、最後にDOSの画面に「ソフトウェアの更新中に問題が発生した・・・」なんてメッセージが出て、復旧が不可能になった。

何をしてもダメ。いろんなデータが入っていたからかなりショック。お金ないけど、そろそろ買い換えないといけないな。

これからはとうぶんは会社のノートパソコンにお世話になりそうだ。

テーマ:ムカついたこと - ジャンル:コンピュータ

声の大きさ
今の職場には声が大きい人が多い。

昔、声がでかい人は出世すると聞いたことがある。それって本当だろうか。

声がでかいとうるさがる人も多いけど、存在感はある。嫌でも会話が聞こえてくるから、その人の性格や活動がおのずとわかってくる。頑張っていたり業績を上げていたりすると何もしなくても尊敬されたりする。

反対に声の小さい人は自信がない人が多い気がする(俺もその一人)。自信がないから会話を他人に聞かれたくないと思ったりする。声が大きい人の勢いに押されて言いなりになってしまうこともあるのではないだろうか。

声がでかい人のまわりには人が集まっているような気がする。あまり深く考えてみてはいないけど、他にもいろんなメリットがありそうだ。(もちろんデメリットも)

声をでかくするだけなら努力次第で変えていけかもしれないな。

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

アルコール
最近、お酒の量が増えている。

家に帰ると必ずアルコールがほしくなる。今まではビールを好んで飲んでいたけど、最近は焼酎やワイン、ウイスキーも飲むようになった。

ビールは腹が膨らむ割になかなか酔えない。それなら度が強くて早く酔えるお酒を飲みたくなってしまう。酔って現実逃避したいのかも。

アルコールに依存しすぎないように気をつけなければ。

テーマ:依存症 - ジャンル:心と身体

いよいよ
明日から出張だ。

場所は三島というところ。期間は3ヶ月間。
年内はホテル暮らしで年明けからレオパレスで生活することになる。家からは新幹線で40分、バスで20分くらいだから通勤できない距離ではない。しかし、作業負担を考慮するとこれが一番いいとのこと。できれば家から通いたかったがしょうがない。土日は必ず帰えろう。

まだ会社に打ち解けることができない状況で、客先常駐はかなりストレスとなりそうだ。責任も大きくなるしコミュニケーションも大切となる。

いろいろと不安が多いけど前向きに頑張って行きたい。

テーマ:出張 - ジャンル:就職・お仕事

手帳
今日は朝から横浜に買い物に行った。

LOFTに立ち寄ってみると『ほぼ日手帳』という手帳が売っていた。
俺は知らなかったけど今すごく人気がある手帳らしい。5年前に発売されてからユーザの意見を毎年反映させているとのこと。

単行本サイズで180度見開きが可能で、1日1ページ書き込めるところが気に入って即購入。
来年からは自分をしっかり管理して、夢の実現に向けてがんばって行きたい。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

将来の夢
今日は会社帰りに先輩たち3人と飲みにいった。

飲み始めは日頃の生活でのできごとなど他愛もない会話だったが、軽く酔いがまわり始めた頃から将来の夢へと話題が変わっていった。

誰しも将来の夢を持っているだろうが、一体その夢ってどれくらい具体的であるだろう?

夢が具体的であればあるほど、それを実現する可能性は高くなると思う。実現するためには何が必要か逆算して考えることができ、5年後の自分はどうなっていなければならないか、3年後は?そして現在は?おのずとやるべきことが見えてくるのだ。これが先輩たちの言い分。

先輩たちは具体的な夢をしっかり持っていた。馬鹿げた夢に思えたが、彼らは本気で実現することを考えて、今すべきことをしっかりと実践している。

漠然な夢しか持っていなかった俺にとって貴重な飲み会となった。

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

大丈夫かな
来週からいよいよ本格的にプロジェクトが始動する。

前の会社では研修と雑用しかしていないから有償活動をするのは実質8ヶ月ぶりとなる。

次のプロジェクトは最低3ヶ月間。客先に常駐し一人で作業をすることになりそうだ。右も左もわからない状態で不安はとてつもなく大きい。おまけに仕事で必要な技術のマニュアルが英語だとか。英語読めねぇよ。

これからどれだけの壁が現れるのだろうか。コンサル系は単価も高いし要求以上のことを求められるに違いない。全てがプレッシャーとなって自分に襲いかかってくる。

とにかく、今は必死で目の前にある仕事をしっかりと片付けて行くしかない。そして余裕が出てきたら付加価値をつけていけばよいのかな。モチベーションは上がってきているので、どんな壁も乗り越えてやるつもりで頑張っていこう。

テーマ:モチベーション - ジャンル:就職・お仕事

体が・・・
今日はとにかく眠かった。

久々の休日を有意義に過ごそうとTODOリストを作っていたのに、結局何にも達成することができなかった。

午前中早くから活動するつもりが、どうしても体が言うことを聞かない。体はダルいしとにかく眠たくて昼過ぎまで布団から出ることができなかった。

せっかくの休みを無駄に過ごしてしまうのではないかと焦っていたけど、逆にせっかくの休みだから思いっきりダラダラ過ごしてみるのもどうだろうと考えると楽になった。

ピザを頼んで酒飲みながらテレビ見て、究極のダラダラな一日だった。たまにはいいか。

テーマ:ひきこもり - ジャンル:心と身体

やっと
明日は入社して初めての休みだ。休みがこれほどまで待ち遠しく感じたことはない。

仕事が終わったのは20時。無性に飲みに行きたくなったので前の前の会社の後輩を呼び出した。彼は家でくつろいでいたにも関わらず喜んで付き合ってくれてたことがうれしかった。

彼は同じプロジェクトで1年間一緒に仕事をした仲間。すごく頭の回転が速くとても優れたプログラマーだ。当時の会社では将来有望と期待され、今はプロジェクトのリーダーを務めているらしい。そんな彼も最近転職活動が成功し来年1月に退職するとのことだ。

いろいろと話しを聞くと、彼の会社は働き盛りである入社4、5年目の社員が辞めていき、若手や管理職があふれているといった体質は相変わらず変わっていないようだった。会社にとって優秀な人材がいなくなることは一番の痛手である。特にスキルを身につけて即戦力となる人物は。

何が悪いかは明確になっているはずなのにそれを食い止められないのはなぜなのだろう。彼と深夜までそのことについて討論したが、わかっていても簡単に変えられないのが会社経営の難しさなんだと感じた。

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

歓迎会
今日は俺の入社歓迎会だった。

入社前から予定されていて楽しみにしていたのだが、実は正直少し気が重かった。まだ環境に馴染めずにいたし、先日のトレーニングで哀れなほど無残な内容だったから。

歓迎会は会社の近くの居酒屋。お店に入って席に着くと何と社長が隣に。より一層気まづくなってしまった。何を話そうかと頭は終始フル回転。だけど、結局どうでもいい質問を連発してしまって完全に空回ってしまった。それでもお酒が入ってくると少しは会話が弾んだけど、今日はいくら飲んでも酔えなかった。

その後、2次会でカラオケに行った。
参加者は半分以下に減っていたが、みんなノリが良くてすごく盛り上げてくれた。遊ぶときはとことん遊ぶ!そんなポリシーを持っていそうだ。だからメリハリがあって仕事もできるんだろう。

最後までどこかノリ切れない自分がいた。まだ入社して一週間もたっていないからしょうがないかもしれないが、できるだけ早く輪に入れるようになりたい。

それにはもっと自分を出していかなければ。頑張ろう。

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

仕事の帰りに近所の華屋与兵余衛というファミレスによった。

一人で4人がけのテーブルに座り、贅沢に生中を飲みながら鍋を食べた。22時を回っていたのでお客さんが少なくて、静かでなお良かった。たまには生活に変化を入れてみるといいものだ。

土日休めてないし、慣れない環境に気疲れしている。早く環境に慣れ
て自分のペースを取り戻したい。

テーマ:きょうのご飯 - ジャンル:グルメ

壁の高さ
土曜日から始まった3日間のトレーニングが今日終わった。

このトレーニングの目的は、論理的な考え方とドキュメントの書き方を身につけることだ。半日の講義の後、出題された課題を分析してその解決策をプレゼンテーションで提案するという内容だ。

慣れない環境の中、スケジュール的に厳しい内容だったこともあり、肉体的にも精神的にもほんとうにしんどかった。

前の会社でも似たような研修があったが、今回のトレーニングの質の高さには驚いた。社内のコンサルタントが講師となり、3日間深夜まで付きっ切りでサポートしてくれた。

1日目は講義の後、学んだテクニックを用いて課題を机上で分析することから始めた。問題とその原因を論理的に分析できるまでレビューを何度も行い、考えをまとめていった。妥協は許されず、実際にプレゼン資料を作り始めることができたのは、発表当日である3日目の今朝だった。考えがまとまっていたこともあり、資料は以外に早く作ることができた。

プレゼンテーションでは、プロのコンサルタント3名と俺以外の受講者2名を相手に行った。スライド1枚毎ありえないほどボロクソにたたかれて、10ページほどの内容が終了するのに2時間以上かかった。これほどまで惨めな思いをしたのは生まれて初めて。自分の能力の低さとコンサルタントのレベルの高さを痛感した。プレゼンの最中、自分の能力の無さにクビを告げられるのではないかとマジで思った。

受講者3人のプレゼンが終わったあと、コンサルタント3名からそれぞれの良い点(ほとんどなかったが)と悪い点の指摘を受け、自分の弱い点が明らかになった。実は、このトレーニングには、自分の足りないスキルを認識することがもう一つの目的として隠されていたのだ。自分の欠点を素直に受け止め、改善してもらうことが狙いとされている。

評価の後、トレーニング方法について改善点はないかみんなで話し合った。何事に対しても常に問題意識を持っている点、社員のスキルアップが会社の財産と強く認識されている点、その努力を惜しまない点、何に関してもすばらしい会社だと感じた。

このトレーニングでいろんなことを考えさせられた。
自分がこの会社の最低レベルにも達していない現状を真剣に受け止めて、日頃から高い意識をもって生活して行きたい。

テーマ:スキルアップ - ジャンル:就職・お仕事

入社初日
今日は新しい会社の入社日だった。

中途採用者は俺一人。
慣れない環境の中、オフィスが狭いせいもあって気疲れでぐったりしてしまった。

他の社員はほとんどが出払っていたが、オフィスで作業をしていた人たちはみんな気さくでざっくばらんに話せる環境にほっとした。

昼食はいきなり社長とサシ。そこで、これからの会社の展望や俺に期待すること、将来のキャリアパスについて話をしてくれた。午後に入るとマネージャーから今後のスケジュールや会社に入ってからの心構えについて熱いレクチャーがあった。

社長にしてもマネージャーにしても、夢を大きく持ち、それを実現してきた人立ちだ。失敗や苦労を乗り越え、自分達で道を切り開いてきた自信とキャリアがある。こんな人たちを身近に感じて仕事をしていけることをうれしく思えた。その一方、求められる能力の高さと一社員に対する責任の高さに、正直不安がよぎった。

これからは、今までのような甘い考えでは付いていく事すらできないだろう。
仕事だけではなく私生活から物事の考え方について大きく変えていかなければならない。

ただ一つ確信したのは、この会社で一人前になれたならどこに行っても通用する力を得ることができることだ。

自分が選んだ道を信じて、そして自分の成長のために必死になって頑張って行こう。
どうかクビになりませんように 笑

テーマ:職場環境 - ジャンル:就職・お仕事