FC2ブログ
一日一歩
何となく思ったことDiary
一年前の今日
去年の今日は俺が生まれて初めて入院した日。この経験が俺にとっての岐路となった。

当時の俺は仕事に追われる日々。責任を背負って必死で働いていた。約1年もの間、残業を平均100時間近くはこなしていたと思う。

そんな中、突然右肩から背中にかけて激痛が襲った。息苦しいし、呼吸をするだけで痛みを伴う。これはただ事ではないと病院に駆け込んだ。

レントゲンやMRIで検査を行った結果、肺気胸と診断され即入院。最低でも2週間の安静が必要と告げられた。突然の入院だったから仕事の引継ぎもできず、メンバにはすごく迷惑をかけたと思う。

この入院は俺にとって貴重な体験となる。

100%完治する病気だったから不安はなく、精神的に楽に過ごせた。そして、これまで我武者羅に仕事をこなしていた俺にとって、入院は考える時間を与えてくれた。

これまで何のために仕事をしてきたのか、今後やりたいことは何か、将来の夢は何なのか。まるで神様が少し体を休ませて将来のことを考えなさいと言っているようにも思えた。

結局、この入院がきっかけで当時の会社を辞めることになる。この入院がなかったらどうなっていたのだろう。あのまま将来の夢も持たず、仕事人間として今も必死で働いていたのであろうか。

この入院がなければ今の俺はなかったと思う。
スポンサーサイト



テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体